航空券

活用術

格安航空券で賢く旅をしよう

格安航空券と言われるチケットは、正規の金額とどのくらい差がありお得なのでしょうか。乗る飛行機も同じ、受けるサービスも同じなら、少しでも安くチケットを購入して、浮いたお金を他の事に回して、賢く楽しく旅行しましょう。
予約する時期や航空会社によって差がありますが、例えば羽田から福岡までの通常運賃が36000円ほどの場合、格安航空券なら13000円から20000円で購入できます。正規料金の半分以下にもなってしまうのでとてもお得です。
この格安航空券を購入するためには、1ヵ月前以上から予約の必要があったり、予約後の便の変更ができなかったりと色々制限はありますが、通常価格の半額以下でチケットが購入できるメリットはとても大きいです。
他にも航空会社がフェアなどで特定の搭乗日を格安でチケット販売する事もあります。このような情報は各会社のホームページに掲載されますのでマメにチェックしましょう。
各航空会社の会員になると、チケットの割引に加え、予定変更にも対応してくれる嬉しいサービスもあります。先ほどの半額以下の割引とまではいきませんが、通常料金よりは安く購入できる上に、便の変更の可能なので、スケジュールがあいまいだったり、急な変更が多いビジネスなどには使い勝手がいいサービスです。
おすすめの予約サイト!国内間の格安航空券はこちらから予約できます。

格安航空券って何?

旅行するにあたって、やはり気になるのは交通運賃です。もちろん快適さを求めるならお金に糸目はつけられないと思いますが、単なる移動手段と考えるなら安いに越したことはありません。特に飛行機は運賃が高く、一割ちがうだけでも大きな金額になります。
そんな中、格安航空券が注目を集めています。これは旅行会社やチケットショップなどが販売していて、正規価格よりも断然安くなっています。時と場合によりますが、半額近くになることもあります。
そもそも航空会社は空席を埋めてなんぼの世界です。70%の搭乗率でペイされるとも言われていて、シーズンオフの平日などはがらがら状態です。それならば安くでもいいから買ってもらおうということで、先述した旅行会社などがまとめ買いをするわけです。
ただ、安く売るわけですからある程度の条件があります。たとえば予約を早くしなければならなかったり、キャンセルが不可もしくはキャンセル料が高かったり、日付変更や座席指定ができなかったり、マイルの対象にならなかったりなど、やや使い勝手が悪くなります。
しかし、それらを補っても余りある価格の安さは魅力的です。シーズン中でもちらほらありますので、常にチェックを欠かさないほうが良いでしょう。 国内のチケットを横断検索して最安値が探せるサイト!飛行機チケット予約はこちらからチェックするといいでしょう。